医薬品メーカーの営業(MR)の求人

医薬品メーカー求人TOP >> 職種別の医薬品メーカー求人 >> 医薬品メーカーの営業(MR)の求人

医薬品メーカーの営業(MR)の求人

医薬品メーカーの求人を探す場合でも、多くの人が希望している職としてはMRのポジションがあります。MRは、医薬品メーカーにおける営業職を指しており、経営企画、人事、総務、経理財務に分かれてメーカーの運営を行います。MRとは、メディカル・リプレゼンタティブの頭文字を取った物で、医薬情報担当者の事を指しています。つまり、営業目的に医療施設を訪れる一方で、その会社が取り扱っている薬の特色をしっかりと理解し、医師に説明をする必要性が出てきます。その事から、薬の副作用や主に効果がある病状に関するまで、詳しい知識を身につけておく必要があるのです。また、MRとして働くには、一定期間の研修を受けた後に、MR検定に合格する必要があります。そして、検定の内容としても、医薬品の取扱いに関する専門的な質問である事から、取得をする事が難しい検定の種類でもあります。

このように、医薬品メーカーでMRの負担が大きくなってきた理由としては、医薬品の副作用による問題が多数発生している事を背景としています。つまり、医薬品の開発をする場合でも、以前よりも製薬技術が複雑化してきた事で、人体に与える影響の予測が難しくなってきたのです。そして、この状態を避ける為にも、臨床実験を繰り返す事でデータを取っているのですが、まだまだ予測しきれない部分があるのが現状です。そのことから、以前にも増して医薬品を販売するには会社側のリスクも高くなってきている事により、ただ医薬品を販売するのではなく、より専門的な医薬品の知識を持った人を利用する事で、相手側との了承を基に契約を取り付けるような方法が採用される事になりました。

実際に医薬品メーカーの求人を見た所、MRの求人数はかなり限られています。また、募集人数に関しても、他の部署が募集する人数よりも採用数が限定されているのですが、それは一概に、かなり特殊な立場にある職である事を理由としています。また、このポジションで働く為には検定資格を取得している必要がある事も、足切りになっています。

このように、求人数があまり多くないMRの職ですが、医薬品メーカーの求人を専門に取り扱っているサイトを見ると、大手企業だけではなく、中小企業でも求人情報を載せている事があります。特に、近年開発された薬の中でも、非常に注目を集めるものを開発しているメーカーでは、より多くの利用者を探す為にも、MRの大量募集を行っている事もあります。ですので、頻繁に求人情報を確認してみる事や、企業のホームページを見ておくようにすると、その企業の求人情報を見つけやすくなります。


Copyright (C) 2014-2017 医薬品メーカー求人比較【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.