医薬品メーカーの年収・給料

医薬品メーカー求人TOP >> 医薬品メーカーの転職の基礎 >> 医薬品メーカーの年収・給料

医薬品メーカーの年収・給料

今の日本にある医薬品メーカーの特徴としては、色々な企業の合併が相次いでいる事でしょう。また、新たな分野の医療技術が日本国内で確立された事により、大型の海外医薬品メーカーが国内に進出してきました。その事から、これから就職先を見つける場合であっても、そのメーカーが主に取り扱っている製品、どの分野をメインとして取り扱っているのかを確認しておくと、よりその企業の経営内容を把握できます。このように合併が進んでいる背景としては、海外からも大手の企業が業界に参入をしたことにより、業界内の競争がかなり激しくなっている事を背景にしています。特に、特定の分野で活動をしていた中小企業の医薬メーカーのほとんどは、合併という形で大手企業に参入をしなければ生き残る事ができない状況まで追いやられているのです。このような大きな変化は、企業内で働く社員にも同様に言える事で、以前までその企業で働いていた社員を切り捨て、新たな経営方針を基準に、より若年層のスタッフを雇う傾向があります。

このように競争が激しくなってきている医薬品メーカーですが、社員の給与はどの程度でしょうか。それぞれの企業の平均年収を比較した場合には、大手メーカーの場合では700万円台を平均としている一方、中小企業では500万円前後を平均とする傾向があります。また、最高年収であれば890万円台、最低であれば480万円台と、企業によって給与に大きな差があるのですが、一概に言える事は、鉄鋼やエネルギー関連の卸メーカーから比べると、医薬品メーカーの給与は圧倒的に低くなっているという部分でしょう。しかし、ほとんどのメーカーでは、勤務年数や業績に合わせて年収が変化する方法を採用している事から、より実力が問われる現場という事が言えます。

医薬品メーカーの給与が、その仕事量から比べると低くなっている大きな理由は、業界内の競争の激しさが関係をしています。また、医薬品メーカーでも大手であれば年収がいいという訳ではなく、小企業で働く場合でも、現在注目されている分野の薬品を取り扱っている場合には、給与面でもかなり大きな可能性をはらんでいます。そのため、就職先を選ぶ時に気をつけたいのは、その企業の名前や大きさのみで判断をするだけではなく、その企業がどの分野で活躍をしているのかを確認しておく事です。また、企業で働く人の若さも、これからの発展に大きく関わってくる事があるので、既に経営体制が出来上がってしまった場所を選ぶよりも、これから伸びる可能性がある場所を選ぶ方が、年収や自分のキャリアを磨くという点では大きなプラスになるかもしれません。


Copyright (C) 2014-2017 医薬品メーカー求人比較【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.