医薬品メーカーの履歴書・自己PR

医薬品メーカー求人TOP >> 医薬品メーカーの転職の基礎 >> 医薬品メーカーの履歴書・自己PR

医薬品メーカーの履歴書・自己PR

これから医薬品メーカーに送る履歴書や自己PRを書く場合のポイントとしては、どれだけ簡潔に、相手に伝わるように書く事ができるのかがあります。特に、自己PRの欄は、書類選考をする場合の選考基準になる事から、ただ単に文章を書くだけではなく、相手が一目見てわかるような書類を作る事が大切です。その場合には、PRを書く場合でも、箇条書きと文章を組み合わせる事で、自分が最もアピールしたい文章を目立つようにする事や、今までの経歴の中でも、特に相手に知ってもらいたい部分は、他の文字よりも大きめに記入するなどの工夫をするといいでしょう。

また、履歴書を作成する場合でも、以前までは手書きが一般的だったものの、現在では履歴書のデータを送付するような企業も増えてきているので、パソコンを利用するのであれば、太文字を利用する、色を変えるなどのちょっとした工夫をするといいでしょう。しかし、あまりにも過度に手を加えると、見た目がうるさくなってしまうので、なるべくシンプルに、わかりやすくまとめる事を念頭においておきましょう。

医薬品メーカーに向けた履歴書を作成する場合には、なるべくパソコンを利用したオリジナルの経歴書を作成する事が好まれます。また、ほとんどのメーカーでは、これまでどの程度の経験があるのかを重視する傾向にあるので、なるべくその仕事に直結するような経験を、A4サイズで1~3枚程度までに押さえておくといいでしょう。しかし、それよりも経歴書が長くなってしまうようであれば、全てを記入しようとするのではなく、今までの経歴の中でも最も重要な部分だけをピックアップしていくといいでしょう。

その他にも資格を有している事が就職に有利に働く事があります。特に、TOEICやTOEFL、IELTSなどの英語資格に関しては、語学力を証明する為の最もわかりやすい基準として利用できるので、なるべく記入しておくといいでしょう。しかし、語学力のテストのスコアを記入する場合には、一般平均である500点を下回っている、もしくは平均程度であれば、無理に記入をしない方が無難かもしれません。そして、資格の記入に関しては、なるべく医薬品メーカーと関係のある物を記入するように気をつけておくといいです。

自己PRを記入する場合には、とにかくわかりやすく、要点を突くような文章を心がけましょう。特に、大手メーカーを希望する場合には、書類選考の時点でかなりの応募者がいるので、一人一人のPRを読む事ができません。ですので、パッと見た時に興味を引くような簡潔な内容を記入している方が、より相手の印象に残る可能性が高いです。


Copyright (C) 2014-2017 医薬品メーカー求人比較【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.