医薬品メーカーの資格

医薬品メーカー求人TOP >> 医薬品メーカーの転職の基礎 >> 医薬品メーカーの資格

医薬品メーカーの資格

これから医薬品メーカーで勤める時には、ポジションによって資格が必要になってくる事があります。MRで働く場合には、MR認定試験に合格をしている事が基準になり、受験資格としても医薬情報担当者教育研修を修了した後、認定を受ける事が第一条件としてあります。しかし、大きなメリットとしては、研修を受ければ、年齢や学歴を問わずに、MRとして入社する事ができる為、その他の職よりも開かれていると言えます。その他の資格の中でも有利な物としては、語学系の資格があります。それは、医薬品メーカーで働く場合には、国内の医療施設に営業をかけるだけではなく、海外の医療施設にも営業を行うので、語学力を有している事は採用の際の大きなメリットになるのです。語学力系のテストとしては、英語検定などの国内向けの試験よりも、TOEFLやTOEICを始めとした前世界共通のテストで800点以上のスコアを持っておく事が理想的でしょう。この2つの試験の中でもTOEICは、特にビジネス向けのテストである為、事前に受験しておく事をお勧めします。

このように、医薬品メーカーで勤める場合には資格が重視される傾向がある一方、企業によっては学歴の部分で足切りをする場合もあります。また、現在では徐々に少なくなってきたものの、大学を卒業している事を足切りとしている可能性もあるので、事前にそのメーカーの採用基準を確認しておく事も大切です。そして、あらゆる場所に営業に出掛ける事から、普通自動車免許を取得している事を採用の必須としている場所が多くなっているので、医薬品メーカーへの就職を目指しているのであれば、事前に免許を取得しておくようにしましょう。

その他、資格の有無に関して知っておくといい部分としては、そのメーカーが国内企業か、もしくは海外企業かによっても異なってくるという事です。一般的に、海外企業の特徴としては、より積極的に新卒を雇う傾向にあり、資格に関しては最低限の部分しか問わない傾向にあることです。そして、持っている資格よりも、その人の能力や可能性の部分に着目をする傾向にあるので、新卒採用を目指す人に取ってお勧めです。その一方、国内企業では、既に他の製薬業者での経験がある場合や、就職に有利となる資格を有している場合など、既にある程度のキャリアがある人が転職を目指す場合には便利な場所になっています。このように、企業の営業体勢によっても、必要とされる資格の種類などが異なるので、事前にそれぞれの企業情報を確認しておくといいでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 医薬品メーカー求人比較【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.